1. ホーム
  2. 薬剤師独立開業支援
  3. 開業日記
  4. FC社長高橋さんの開業日記

薬剤師独立開業支援

開業日記

FC店オープンまでのメイキングストーリー FC社長高橋さんの開業日記

はじめまして、高橋佳広です。
東京薬科大学を卒業後、分業先進地区で2年半の薬剤師修行を経て、当時2店舗だったチェーン薬局に転職。
オーナーの裁量でだんだんと店舗が増え、スタッフも100名を超える企業に27年間お世話になっておりましたが、自分なりに組織での仕事が一段落をついた頃、急に自分の会社・店舗を構えたいという意識が芽生えてきました。
そんな中、うさぎ薬局と巡り合い、念願の会社設立・薬局開業に至ることができました。

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ >>

第10回:2013年2月23日 白石社長と面談

静岡の三島にて白石社長、営業部長、うさぎ薬局の執行役員の方々と面談させていただきました。三島へ向かう新幹線車中、面接を受ける新入社員のような気持ちになっていましたが、お話しはすごくフレンドリーな雰囲気で進めていただきました。

白石社長からも直接うさぎ薬局のビジョン・考え方・FC制度概略をお聞きし、開業準備をしながらの研修を含めたこれからのスケジュール、運営にあたってのアドバイスをいただきました。今日は、少し自分の不安な要素も出てきてしまいましたが、先日の「やるぞ!」という気持ちから「やったる!」という気持ちに強まりました。

このページの先頭へ

第11回:2013年3月上旬~中旬 店舗図面校正と会社名を決定

設計士さんより晴海店舗の図面の雛形をいただきました。待合室・スタッフルーム・調剤室を単に直線的に区切るのではなく、業務導線に支障がない程度に曲線化することで10坪を最大限に活用された設計でした。数点希望をお伝えする形で返答させていただきました。

会社名を家族に相談したところ、部活でミュージカルを手がけていた長女から「フランス語でエスポワールとルミエールを合わせてエスエールってどう?」と提案されました。「希望」と「光」という意味です。中年の私にとって、希望と光になる薬局という意味ではピッタリだと思い、後ろに調剤をつけて「株式会社エスエール調剤」と決めました。「患者さまにエールを送り、エールをもらう」というメッセージも込められていて、とても気に入っています。

早速、法人実印・銀行印・角印を発注しました。印鑑はすぐに出来上がるものだと思っていたのですが「この時期は混雑していますので2週間はいただきます」とのことでした。2週間ほど待って、出来上がった印鑑を受け取りに行きました。受け取り時、初めて「㈱エスエール調剤」の領収書を受け取って、ちょっぴり嬉しかったです。その後もいろんな場面で領収書をもらう機会がありましたが、「SL調剤」(!?)で領収書を書かれてしまうのが誤算でした・・・。

開業準備については、その後、担当者から何度か必要設備資金の更新されたシュミレーション表を送っていただいたりしています。

写真

写真

写真

このページの先頭へ

第12回:2013年3月18日 会社設立に向け税理士さんと面談

4月中旬の会社設立に向け、税理士さんとお会いし、定款作成・登記申請等スケジュールの確認をさせていただきました。同時にオープン当初・半年後・1年後の収支シュミレーションのお話しを伺い、現実の厳しさを痛感しました。
「できないではなく、必ず解決する方法で考えてください。」というアドバイスをくれる、前向きないい税理士さんでした。

写真

このページの先頭へ

次回「店舗図面完成」へ続く >>

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ >>




このページの先頭へ