1. ホーム
  2. 薬剤師独立開業支援
  3. 開業日記
  4. ママ薬剤師ツカマキの開業日記

薬剤師独立開業支援

開業日記

FC店オープンまでのメイキングストーリー ママ薬剤師ツカマキの開業日記

はじめまして、塚原真己(ツカハラマキ)38歳です。
共立薬科大学を出て、1995年に薬剤師免許を取得しました。
ある調剤薬局の社長から「この店をいつか譲る」と言われて勤務してきましたが、なかなか開業の話が思っていたようにはススまず、不安な毎日でした・・・。昨年(2010年)12月も押し迫った頃、うさぎ薬局の独立支援サイトを見つけ、ワラをもすがるキモチで"登録"。翌日ご担当者から連絡をもらい、お目にかかって、あれよあれよという間に開業が決まりました。ヨカッタ~!
この3月のオープンに向けて準備していく様子を、こちらのページでお伝えしていきます!

ママ薬剤師 ツカマキとすてきな家族たち!

昨秋みんなでディズニーランドに行きました!
かわいい子どもが二人と優しい夫に囲まれ、幸せなワタシですが、夫が昨年7月に大きな手術もし、苦労も多かったです・・・。
これまでいた薬局では夫が事務を務めていてくれ、これから作る薬局でも一緒に働きます。子どもたちのためにもガンバるぞ~!
そして、家では私の両親と同居で、母が子どもたちを見てくれてます。強力助っ人! やはり、ママの立場で起業するには、家族をサポートしてくれる、親とか保育所などの存在が必要だと思うので、感謝です。

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次へ >>

第4回:2011年1月11日(火) 会社設立の定款認証&資本金払い込み。

うさぎ薬局を担当されてる会計事務所の方と公証役場に行き、会社設立にあたって作成した定款を認証してもらいました。
会社の名前は、「株式会社はな」。長男(4年生)"はるや"と長女(6歳)"なな"の最初の文字をとって付けました。
それから銀行に行って、資本金(!)を払い込み、うさぎ薬局からの資本金送金を確認後、今度は法務局に行きました。
公証人とのやり取りも、法務局でのやり取りも、素人ではとてもできませんが、会計事務所の方に全部やっていただいたので、本当に助かりました。
これも、うさぎ薬局の強力バックアップのおかげです!

<会社設立まで>
商号(会社名)の決定

印鑑の作成

定款の作成

定款認証

資本金(出資金)の払込 ←いまココ!

設立登記

官公署への届出

写真
写真

別の日に撮ったものですが、これが会社印です!

このページの先頭へ

第5回:2011年1月12日(水) 連日もろもろ進行中。調剤棚の購入も。

今日はうさぎ薬局修善寺店に行って、薬局長の加治さんのもとで、いろいろな申請書を取り寄せたり、記入できるところに記入したりしました。
加治さんは、昨年11月にこの修善寺店を立ち上げられ、今も患者さまに喜んでいただけるよう、いろいろと工夫をしながら、店舗を切り盛りされてる人です。
加治さんも、てきぱきと仕事をこなされる感じで、いやはや、助っ人が次から次へと現れて、それもみなさん温かい方ばっかりで、始めは不安だらけだった私も、だいぶ気分が和らいできてます!

写真
写真

午後は調剤機器メーカーの方と加治さんのアドバイスを受けながら、錠剤棚と散剤棚を購入。

このページの先頭へ

第6回:2011年1月14日(金) 厚生局にて、薬局開設の事前相談。

きのう13日は内装や看板の打ち合わせでしたが、時間がないので、床や壁などはもう注文してくれてあるということ。ヨカッタ~!ちょっと安心しました。
そして、きょう14日は、白石社長と清水の合同庁舎内にある厚生局で待ち合わせて、薬局開設の事前相談をしてきました。薬局と病院の境界線をはっきりさせとくように、アドバイスを受けました。

写真

夫と私です。写真はなんと白石社長が撮ってくれました~。記念になります!

このページの先頭へ

次回「提出書類の事前チェックに保健所へ。」へ続く >>

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次へ >>




このページの先頭へ