1. ホーム
  2. 薬剤師独立開業支援
  3. 開業日記
  4. FC社長山岸さんの開業日記

薬剤師独立開業支援

開業日記

FC店オープンまでのメイキングストーリー FC社長山岸さんの開業日記

平成2年に昭和大学を卒業し、現在40代※薬剤師の山岸泰博です。
大学卒業後、9年間メーカーに勤務し、その後、調剤薬局に転身、いくつかの調剤薬局で経験を12年ほど積みました。
前々から独立する夢を持っていたところ、薬局業界専門紙日経DIの特集でうさぎ薬局のフランチャイズ制度を知り、開業の夢に向かって一歩踏み出しました。
※2013年5月現在

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次へ >>

第7回:2013年2月25日 突然始まった薬局独立準備

今回の案件にチャレンジさせて頂きたいと白石社長に伝えたところ、すぐにOKを頂けたのですが、今回の案件は不動産契約の都合上、早めの契約をして欲しいという事と、隣接しているクリニックの希望もあり、5月1日にはオープンの予定で動きたいとの事でした。

…開業まで、あと約2か月しかありません!
そんな短い期間で開業できるのか心配になりましたが、開業の意志を伝えるや否や「契約書を交わしたいので、早めに会社を設立・登記をして欲しい」と白石社長に指示を頂きました。

急に独立の夢が現実的になり、2か月後には自分の薬局が持てるかもしれない現実に、正直驚きましたが時間がありません、早速会社設立から始めます。

このページの先頭へ

第8回:2013年2月26日 さっそく会社設立準備

会計士の先生に手伝って頂きながら、まずは会社の登記と実印の準備から始めました。
会計士の先生は、さすが慣れていて、ほとんどお任せしてしまいました。

写真

このページの先頭へ

第9回:2013年3月7日 あっという間に、会社設立!

2013年3月7日、会社が設立できちゃいました!
皆さんに手伝ってもらった結果、会社があっという間に出来上がったので、本当にびっくりしています。構想やこの日が来るのを何年も夢見ていましたが、会社を作ると決めてから登記完了までは本当にあっという間で拍子抜けしそうです。

会社の名称は「株式会社オモダカ」に決めました。
由来は、わが家の家紋がオモダカという植物の模様なので、そこから取りました。
不動産契約を行えば、とうとう念願の薬局を手に入れる事ができます!

写真

このページの先頭へ

次回「先生にご挨拶に行って来ました」へ続く >>

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次へ >>




このページの先頭へ