1. ホーム
  2. 採用情報
  3. キャリアプラン
  4. 下多賀店 薬局長・管理薬剤師 佐藤さん

採用情報

キャリアプラン

  • 湯の花店 オーナー 小林さん
  • 大仁・修善寺店 勤務薬剤師 加治さんupdate
  • 和田店 勤務薬剤師 相良さん
  • 下多賀店 薬局長・管理薬剤師 佐藤さん
update
うさぎ薬局 下多賀店 薬局長・管理薬剤師 佐藤さん
(徳島文理大学卒業・2009年入社)

医療分業を進め、患者中心の医療を提供して 地域を活性化していくのが仕事

うさぎ薬局 下多賀店
薬局長・管理薬剤師
佐藤さん(徳島文理大学卒業・2009年入社)

プロフィール

徳島文理大学卒業後、岡山県の薬局に4年間勤務。その後、2009年うさぎ薬局に入社しました。

うさぎ薬局へ入社を決めた理由

「数字」が見える薬局だったからです。うさぎ薬局では役職問わず、誰でも全店の売上げや利益を見ることが可能です。経営会議にも自由に参加できるオープンな姿勢に魅かれました。「数字」は、独立希望の方だけでなく、働く薬剤師全員のヤリガイにもつながります。患者さまが回復していく喜びは、どこの薬局に勤めても共通に感じられるでしょう。けれども、仕事の効率化やスキルアップなど自分の成長が利益として目に見えるのは、当社ならではです。

現在の仕事内容

下多賀店の薬局長として、調剤業務の他、ドクターとのディスカッションや勉強会の企画などを実施しています。透析患者さまの多い店舗なので、透析に関する勉強会は事務スタッフ含めて全員参加してもらい、店舗全体の知識のベースアップを図っています。

今後のビジョン

写真

地域医療を支える、熱海で一番の薬局にしたいと思っています。このエリアでは、高齢化が進み、通院困難者が増加しています。
そうした中、下多賀店では個人宅への訪問服薬指導に力を入れています。現在、在宅服薬指導数は施設約30軒、個人宅約20軒。地域医療底上げのために、介護スタッフの方々やケアマネジャーさんの薬に対する啓発活動など地域への働きかけを通じて、ケアマネジャーさんから新しい施設や個人宅のご紹介も増えてきました。

一番うれしかった瞬間

2年前、下多賀店の管理薬剤師として「個別指導」を受けることとなりました。大変緊張しながら書類など準備に勤しんでいた、その前日に、白石社長から1枚の封筒を渡されました。中身はなんと"からっぽ"。「あれっ?」と思い、ウラに返すと走り書きで「明日がんばるぞ!」と書いてありました。ふっと肩の力が抜けたのを覚えています。その個別指導は何事もなく、無事に1回で終了しました。その封筒は今でも思い出にとってあります。

こんな人と一緒に働きたい

素直で明るく、在宅に興味がある人と一緒に店舗を盛り上げていきたいです。

私たちと一緒に夢や希望を共有し、
会社を成長させる仲間を募集しています。

中途採用

このページの先頭へ


このページの先頭へ