【未掲載】インスリン注射製剤の注意点

【未掲載】インスリン注射製剤の注意点

|

4月4日(月曜日)

皆さんはインスリンを知っていますか。インスリンは血糖値の上昇を抑えるホルモンで健康な人にも存在する生理活性物質です。しかし、中にはインスリンを上手く分泌できない人やインスリンの効きが悪くなって血糖値がとても高まっている人もいます。そのような疾患を糖尿病と呼びます。

インスリン製剤は人工的に作製したインスリンを注射で血中に直接注入するお薬です。インスリン製剤には長時間効果がある物や短期間で強い効果を示す物など色々な種類があります。

しかし、インスリン製剤には注意点もあります。食生活が不規則でご飯が食べれていない人などに使用すると過剰に血糖値が低下してしまい低血糖症状を引き起こしてしまう事があります。インスリンで治療中の方は規則正しく食生活を行いましょう

またインスリンは人によって注入量が変わります。人によって何単位インスリンを注入するかは異なるのでしっかり医師の指示通りの量を注入しましょう。

保管にも注意が必要です。インスリンの注射器は開封前は冷所に保管してください。開封後は室温で保管してください。冷所で保管するとインスリンの安定性が向上し長期保管ができますが開封後の注射器を冷所で保管すると注入口が結露により変性する事があるようです。なので開封後は室温で保管して用法用量を守って使い切るようにしましょう。

 

詳細なインスリン注射の仕方などについて知りたい方は薬剤師に是非聞いてみてください。